本文へスキップ

は○○町の美容院・ヘアーサロンです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.

お知らせnews

Lesson


【9月のレッスン】




古代小麦の
カンパーニュと
遠い日の
無花果のスープ


先日
私には時間がない!という
コメントをインスタグラムとFBにアップした。
いろんな方からコメントをいただいた。

私も同じようなことを考えてました!とか
パワーをいただきました!
前のめり、わかります!
とか
いただくコメントすべてにお返事を書きながら
みんな同じようなことを考えて、もやもやしてたんだなあと感じた。

若いときには、人生って死ぬまでだと思っているから
まだまだ先は長く、時間もたっぷりあるように感じていた。
50歳をすぎると考え方がごろりと変わる。

自分が死ぬまでにしておきたいことがあるのではないかとか
自分の生き方がこれでよかったのかとか、
違う道を歩んでいたらどうなってただろうかとか、

人生100年時代と言われる今、
50歳はまだ半分。
まだまだ先があるように思えるが、
しかし、
本当に自分がしたいことを思いっきりできる
健康年齢は、さて、あと何年なんだろうか。

じっくり考えてみてほしい。

私の健康年齢は、65歳と読んでいる。
(とりあえず、自分の体力をかんがみて自分で決めればいいのだ)
となると残された年数は7年半!
7回の春、7回の夏、7回の秋、7回の冬がきたら、
ぼちぼちカラダも思考も思うようにいかなくなる。
きっと、思考はもっともっとと思っても
カラダがついていかなくなるだろう。

たった7回の季節しかない。

そう考えたら、ぼんやり生きていられなくなった。

あの、アメリカの絵本作家ターシャ デューダーも言っていた
『一生は短いんですもの。やりたくないことに時間を費やすなんて、もったいないわ。』


やってみたいことをノートに書きこんでいる。
小さなことから大きなことまで
思いつくまま書いている。
やったら消していく。
一年前のノートを見ると
そのとき何をしたがっていたかがわかったりして面白い。


その中のひとつが
スベルト小麦(古代小麦)でパンを焼くことだ。
そんなのすぐにできるやーんて思われるかも知れないが
意外とこれがなかなか手を付けられない代物なのだ。

スベルト小麦
古代小麦とは、
現代使われている小麦の原種にあたる古代穀物。
9000年以上前にヨーロッパで栽培されていたもの。
スベルトは、ドイツでは、ディンケルとも呼ばれている。
この小麦は
人工的な遺伝子操作も、品種改良もされていないので
気候変動に強く、化学肥料や除草剤、殺虫剤などがなくてもしっかり育つ。
その厚い皮殻は、外敵から内部の穀粒を守るように頑丈だ。
小麦アレルギーの方の80%は、スベルト小麦だと発症しないと言われている

栄養価も優れていて
表皮と胚芽まで粉にするスベルト小麦は
必須アミノ酸たっぷり。
スベルトのたんぱく質は消化されやすいので
胃腸が弱い方にも食べていただける。
そして、消化もゆっくりなので低グリコーゲンであり、
糖尿病などでパンを控えている方にもいいとされている。

今の小麦は、大量生産、大量消費させるために
どんどん品種改良し、食物が持っている本来のチカラを
根こそぎ取り除いている状態。
ほんともったいない。

そんなことを知って、作ってみたいと思い、
過去に一度スベルト小麦でパンを作ってみたことがあった。
とにかく、成型ができないくらいどろんどろんになり、
焼き上がりが石のようにかちんこちんなった。
そこから、トラウマになり、今まで手をつけていなかったのだが、
オーガニックのスベルトを手に入れたので
焼いてみた。

あれ、
意外とうまく焼ける。

そして、味は!

塩だけで作っているのに
ナッツのような香ばしさと甘みが口いっぱいに広がる!
今まで食べていたパンと全然違う。
おおー!!


これはみんなとシェアしたい

ってことになり
レッスンやります。


レッスン内容

スベルト小麦で作るカンパーニュ
スベルト小麦で作るざくざくスコーン


若干、成型に手こずりますが、
スベルトの味わいを一番感じられるのがカンパーニュ。
焼きたての香りがたまりません。
次の日は、また味わいが深くなって旨みが増します。
いつまでも食べていたくなるパンです。

スコーンは、
甘さを極力いれずに
スベルトの粉が持っている本来の甘味を活かして
焼き上げます。
ヨーロッパの田舎で、薪ストーブで焼かれたような
素朴な味わいがします。


一緒にたべていただくお料理は
①無花果の甘酢っぱいスパイススープ
②しいたけベジローフの赤ワインとドライトマトソース添え
③かぼちゃと蓮根の白バルサミコ和え
④スコーンといただくたっぷりラムクリーム


夏の終わりの無花果を使った甘酸っぱいスープは、
無花果好きの方に是非味わってもらいたい。
遠い日の恋の味がします。
オーブンでグリルしたローフをスライスすると
その断面がちょっとしたアート。作るのがとっても簡単なのに
できあがりがプロっぽい、どや顔できる一品です。
かぼちゃと蓮根、しゃきしゃき感を残してサラダ仕立てに。
スベルトのスコーンにはおもいっきりたっぷりクリームつけて食べてください。



日時
9月21日(月祝) 残り3席です。
9月22日(火祝) 残り3席です。
9月23日(水) 
9月24日(木)
9月25日(金)満席 ありがとうございます。
9月26日(土)
9月27日(日)残り3席です。


12時から16時ごろまで

レッスン料
5800円

ご予約、お問合せは、
RESERVE から。










【8月のレッスン】




真夏の夜の
たれ
ソース



あと、5回くらい行きたい!!
台湾から帰ってきて思った。
しばらく行けないけど、落ち着いたらすぐ行きたい
そのくらい
台湾ごはんは私をとりこにした。

昨年5月に初めて台湾を一人旅。
台北6日
台南5日の11日間

台湾は、行ったことがある人がまわりにたくさんいて
その中には、十数回行ってる強者もいた。
その強者女子に
ガイドブックやら、マップやらを借り、
美味しい店を教えてもらって、片端から食べ歩いた。

もう、胃袋が3個くらいほしい!と何度思ったことか。

台湾は、仏教と道教の宗教的な規律から
動物性のものをとらないベジタリアン人口が
国民の13%もいる。
なので、ベジタリアンレストラン
「素食」という看板を掲げている店が多い。

臭いのきつい、ニンニクやネギ、ニラなども食べない人も多い。

動物性のものも香味野菜も使わない料理。
なんか、ものすごく薄味で淡白な野菜料理かとおもいきや
どれもこれも
パンチが効いてて濃厚な味のものもあって
全然、食べ飽きなかった。
そして、もどき料理が旨い。
肉のからあげっぽい豆腐の揚げたやつにたれをからめてたり
見た目ベーコンなんだけど野菜でつくったベーコンもどきが旨かったり、
私の好奇心と探求心がめりめりめりっと音をたてて開花し、
もう、あれも食べたい、これも食べたいってなって
毎日、何を食べて何を食べないかの葛藤がものすごかった。
お腹をすかせるためにわざと乗り物に乗らず歩きまわった。

台南は特に
ひなびた食堂が多くて
また、その食堂をやってるおやじがいい味だしている。




一見強面なんだけど、
「どこから来たんだ?」
「日本からよ」
「そうか、よく来たね そこに座りなさい」

お互い片言の英語と
日本語で会話する。

そして、無言で使い込んだ中華鍋に
玉ねぎどばーっと入れて
しゃんしゃんと湯気もうもうとたてながら炒めていく
この店は、タウナギ(魚の名前うなぎじゃないよ)を使った意麺のお店。
このおやじ、超、手早い。
1人で何十年も鍋をふってきたんやろなあっていう
もう、体に沁みついた年期を
ひとつひとつの動作から感じる。
手早く炒めた玉ねぎにタウナギをぶつ切りにして入れて
すぐに麺を入れる
さっとまざったら
甕みたいなのに入ったたれをおたまにとって
ぐるっと回しいれる
じゅわーっとゆけむり。
できあがり!
ものの5分くらいでできあがってくる。

あーあのたれが気になるー

食べたその意麺は
濃厚なたれにからむタウナギとやわらかい麺の歯ごたえのなさに
一瞬、びびる。
食べ進めるとこのやわらかい食感のハーモニーがうまいんやなと思い出してくる
そして、このからまってるたれが旨い

そんなハーモニーの対局が
台北で食べた混ぜ麺
これは、蒸したちじれ麺に
トッピングに薄くスライスした透き通るようなゴーヤが載っていて
肉みそ風のトッピング
さらにその上にたれをかけて
全力でまぜてがーっと食べる麺

こちらはゴーヤのしゃきしゃきと麺のちじれ具合、
そのちじれた麺の隙間に肉味噌もどきがからまって
少し苦味のあるゴーヤがいい仕事をするんだな これが
これは、ゴーヤじゃないといけない。
ホロ苦いゴーヤに甘辛い旨みのたれが覆いかぶさるんだけど
ゴーヤも負けてないでーっていう
このバトルが口のなかで広がるのがいい。
これはきゅうりだと完全にきゅうりが負ける。

私は、夏になるとこの台湾まぜ麺が食べたくなる。

台南でよく使われる沙茶醤(さーちゃーじゃん)を使うと
これが、ぐっと本場の味に近くなる。

台北と台南
両方のおいしいたれソースを
おりまぜて
今回は5品作りますねー

そして、8月
くっそ暑いと思うので
冷え冷えのビール付き!

暑くてばてる季節
台湾料理と
冷え冷えビールで
乗り切りましょー



【レッスン内容】
①台湾式まぜ麺
②くるくる巻いて食べるもちもち蛋餅
③台湾酢醤油サラダ
④沙茶醤の野菜炒め
⑤小エビの醤の和え物
以上の5品を作るための
たれソース5種類
発酵あんことさつま芋だんごの
黒蜜豆花

そして、冷え冷えビール付

(ビール飲めない方にはスペシャルドリンクをご用意しますので
ご予約のときにお知らせくださいませ)


台湾式混ぜ麺はもう、夏の定番になること間違いなし。
やみつきになります。
蛋餅はフライパンで簡単に作れる薄皮餅
上にのせてくるくるっと巻いて食べます。食感がもちもち!
付けたれがミソです!
台湾式酢醤油は少しスパイシー、そして爽やか。
夏の食欲のないときにぴったり。
沙茶醤は野菜との相性がいいので炒め物などの、味付けのバリエーションが増えますよー
小エビの醤は、もうこれがあればいくらでもお酒がすすむやつです。
冷奴にのせたり、ソーメンに添えたり
夏の季節になくてはならない調味料。
そして、デザートは、
これは
是非
食べてもらいたい台湾の夏のおやつ!
発酵あんこを使います。
麹で発酵させたあんこは砂糖たっぷりのあんこと違い
麹だけの甘味でしあげます。
あんこ好きな方、是非、作り方を覚えて帰ってください。


【日時】
8月7日(金) 残り 2席です。
8月8日(土) キャンセ 2席でました!
8月9日(日) 満席。ありがとうございます。

8月10日(月祝) 満席。ありがとうございます。
8月11日(火) 満席。ありがとうございます。
8月16日(日) 満席。ありがとうございます。
8月17日(月) 満席。ありがとうございます。
リクエストレッスン日追加↓
8月21日(金) 
8月22日(土) 残り3席です
8月23日(日) 残り3席です


12時から16時ごろまで

レッスン料
5800円

ご予約、お問合せは、
RESERVE から。