本文へスキップ

は○○町の美容院・ヘアーサロンです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.

お知らせnews

Lesson

【3月のレッスン】







1日だけの逃避行
バターを使わない
クロワッサン


NHKラジオ番組
「高橋源一郎の飛ぶ教室」
高橋源一郎さんの番組冒頭の
ショートストーリーが
いつも素敵だ。

先日の放送で
突然、何も家族に継げずに行方をくらます
旦那さまの話を語られてた。
サラリーマンで、毎日普通に過ごしていた人が
突然行方がわからなくなる。
娘はパニックになり
奥さんも慌てた。
ご主人は翌日、ふらっと返ってきた。
どこに行ってたともなにをしていたとも言わず
普通に帰ってきた。
奥さんも何も聞かなかった。

年に一回
奥さんがきれいなワンピースを来て
出かけていく。
そして翌日、帰ってくる
それもご主人はどこに行ってるのか知らない。
そして聞かない。
ただ、帰ってきた奥さんを見て
この人、こんなにもきれいだったのかと驚くという。

何も告げずに
行方不明になるって素敵だ。
そうしたい願望はみんなあるんじゃないのかしら。
電車のってても
この電車に乗って行けるとこまで行ったらどこに着くんだろうとか
空港では、カザフスタン行きとか出てると
無性に行きたくなる。

無理に行かなくてもいいけど
ブレーキをかけてるのは
会社でもなく、家族でもなく、夫でもなく
まぎれもない自分自身。

行かない理由なんて
山ほどある。

それらを振り切るには
力はいらない。
ココロの鍵を外すだけのこと。
外し慣れてないと外すのに一苦労し
外した後もどうしたらいいかわからずおたおたし、
また自分からその鍵付きの扉の中に逃げ込み
内側から鍵をかける。

しかし、何回も鍵を外してると
外し慣れてくる。
そして、その先を楽しむことができるようになる。

私は32年間のサラリーマン人生で
扉の鍵は南京錠、それもガチガチにさび付いてた。

無理やりこじ開けたのが
穂高養生園での8ヶ月の住み込み期間。

そこから
扉の鍵が壊れて閉まらない状態(笑)
閃いてははすぐに行動する私に
山の師匠も慣れてきた。

どこにも行かない期間が続くと
最近おまえ大人しいなあ っていいだす

今年は
前からやってみたいと思っている。
テントを担いで
ひとりで14日間
山を縦走して歩く旅。

今までひとりで長期間縦走したことがない。
水の確保や
急な天候の変化など、
ふたりだから乗り越えられたことも多かった長期間縦走
ひとりで、どこまでできるかを
試してみたい。

鍵が壊れてるから
怖気づいて逃げ込む場所がない(笑)
もう、やるしかない。
今しかやる時はない。

そんなメラメラと今年のことを考えながら
リクエストレッスンにお答えいたしますー

作ってみたいからやってーって声の多い
「バターを使わない クロワッサン」
「フランスの食事パン シャンピニオン」


バターも砂糖も卵も一切使いません。
ざくざくの香ばしいクロワッサンができるんです。
身近なアレを使いますよー。

シャンピニオンは形がかわいい!
人によっていろんな表情に焼きあがるのが楽しいパンです。

■一緒に食べていただくお料理
新じゃがのタルタルソース添え
新玉ねぎのスパイスサワーマリネ
ほうれん草の巣ごもりスープ


ほくほくの新じゃがが美味しい季節ですね。
マクロビタルタルソースをあえて食べていただきます。
濃厚さがやみつきになりますよ。
新玉ねぎのスパイスサワーマリネは、ささっと作れて
便利な1品。
ほうれん草のスープはクロワッサンにぴったりの
クリーミーな味わい。

■日時
3月5日(土)
3月6日(日)
3月12日(土)
3月13日(日)
3月14日(月)
3月15日(火)

12時から16時ごろまで

レッスン料
6500円

ご予約、お問合せは
RESERVE から






【2月のレッスン】


死ぬほど
旨い
味噌汁

あれこれ言わずに
とりあえず
作ってみよう。

そう言いたい。

自分ちの味噌汁は
自分で仕込んだ味噌で
つくろう。

それが
この世で一番美味しいと感じるはず。

人はそれぞれ
自分の皮膚、手やカラダに
常在菌という菌を持っている。

手で仕込むとおのずとその菌が入り込む
自分のからだが素直に受け入れて
消化へと促す食べ物に
自分の常在菌が働いてくれるのだ。

自分の家の菌
自分の常在菌が醸す味噌が
自分の口にあわないわけがない

さらに、
気持ちも入ってるとなると
旨さが5倍10倍とふくらむ

私が
毎年使っている味噌作りの材料は
「マルカワ味噌」さんのもの。

創業100余年の老舗の味噌醤油蔵

このマルカワさんを選んでいる理由が

身体にやさしい
なるだけ自然に近い材料で
家庭で味噌作りを楽しんでもらいたいという
思いが、企業の姿勢にあふれているから。

そんなマルカワ味噌さんの材料の中から
2022年度は
①有機栽培の玄米生麹
②自然栽培の大豆
を使って手前味噌作りをします。

マルカワ味噌さんの
玄米生麹を使って味噌作りを始めてもう
7年くらいになる。
いろいろ他社の麹でも味噌作りをためしたが、
マルカワさんの玄米麹が一番旨みが強い。
がつんと男前な旨みがある。
味噌汁はもちろん美味しいんだけど、
旨みが強いからそのまま、料理の
味噌炒めや味噌煮込みなんかにもがんがん使える。

そして、マルカワさんの北海道産自然栽培大豆で
昨年から仕込み始めた。
これが、仕上が師が今までのの大豆と違い、
まろやかに仕上がる。
旨みとコクがあってまろやか。
いいなあ。そういう人間になりたい(笑)
自然栽培というのは、農薬を使用していないのはもちろんのこと、
堆肥も使用せずに育てる育て方。
なので、大豆の実の部分に旨みが凝縮されている。

せっかく
一年に一度の味噌作り。
材料にもこだわりたいですよね。

そして、仕込み方にも
コツがありまして、
私んちの味噌は
ほぼ、カビが生えません。
そして、面倒な天地返しもしなくてオッケー。
1月に仕込めば、
7月くらいに様子をみるだけで
10月ごろまで放置しておいて大丈夫。
11月には美味しいお味噌汁がいただけるのです。

ほんと、自分で仕込んだお味噌で作る味噌汁が
死ぬほど旨い!(大げさじゃない)
みんなにこの沁みる旨さを体験してほしいなあ。


そして、
みんなで、楽しく味噌仕込みした後は、
お茶と焼き菓子で、
ゆっくりして帰ってください。

ベーキングパウダーなしでできる
きな粉と米粉でつくるさくさくクッキー

甘さ控えめに
そして
きな粉たっぷり
イソフラボンをたっぷりとれる焼き菓子は
アンチエイジングに効果的。

後ろめたさなく食べてもらえる
おやつです。

【手前味噌作り】
有機玄米麹で仕込む味噌
約3キロ

【おやつ】
ベーキングパウダーを使わず
グルテンフリーの焼き菓子
きな粉と米粉のさくさくクッキー
【お茶】
自家焙煎珈琲


■日時
2月11日(金祝)
2月12日
(土)
2月13日
(日)
2月14日
(月)

12時から15時30分ごろまで
レッスン料
6500円

材料手配のため、ご予約後のキャンセルには
キャンセル料がかかってきますのでご理解のほどよろしくお願いいたします


ご予約、お問合せは
RESERVE から






【12月のレッスン】





その先に行きたくなる
焦げが旨いピザと
ご褒美ワイン


最近、遠方からレッスンに参加しに来てくれる方が増えた。
金沢、茨城、千葉、静岡、岡山
そして沖縄から!
嬉しい
その半面
小さな団地でやってる私の教室
来てみてがっかりしないだろうか
素敵な一軒家とか、家のまわりは絶景とか
そんな付加価値要素は一切ない
そう思い
ちょっとドキドキする。

きっと、参加したいって思った瞬間
なにかの騒動がこころの中にはしってるんだよね。

それは、余計なことはさておいての
本能的な直観。

そう、
直観を大事にしたい人が増えてきたのかもしれない。

今度、千葉から来られる方は、
自分の行動力にびっくりしています
と。
いいよねー
自分で自分にびっくりするくらいのできごと。

今までの自分じゃ考えられないこと
行動する前にあきらめてたこと

そういうの、じゃんじゃんやってほしい。

今、谷口ケイさんという
43歳で亡くなったクライマーの女性の本を読んでいる。

なくなったのは2015年の12月
北海道の黒岳で滑落死された。

最近見たドキュメンタリーで、
見るからにごつい、
山をがんがん攻めてる山男たちが
谷口ケイさんの死が
とてつもない衝撃だったと語っているのを見た。
何か月もなにも手につかない。
山へも登れなくなるくらい
ひげぼうぼうの日焼けした男が寂しそうに語るのを見て
どんな人だったのかと本を読みだした。

読めば読むほど
惹かれていく。

目がくりくりの小柄な女性。
とにかくいつも明るく、まわりの人間を元気にしてくれる。
一緒に山に行けば
弱気になったとき必ず
やってみなくちゃわからないよ!
やるだけやって、だめならひきかえしたきたらいーんだから
と、
たのもしく背中を押してくれる。
山での安全対策は抜かりなくやり、
人の気持ちを計りながら、必要な手助けだけをする。

この人となら
安心して山にいける と思わせる人。

だから、スター的ではなく、裏方であり
縁の下の力持ち
名前が世に出ていないのもうなづける。

ケイさんにとって
人からの評価や社会的名誉なんて
まったく意味のないことだった。

一番は、自分が楽しんでいるかどうか。

高校生のとき、
学校の規則にしばられ、社会のレールの上を
ただ、言われた通り走る教育システムに反発し、
自分の生き方は自分で決めたいと思い
高校卒業と同時に家出をする。
そこから自分で自活しながら
世界を旅する。

高校生でかあ
気付くのが早いなあ

私なんか
55歳でやっと行動に移せたのに(笑) 

世界を旅して、山登りにも目覚めて
ケイさんはどんどん強くなっていった。
学生時代は暗くて印象が薄かったというケイさんが
みるみるうちに輝くようなオーラを発すようになる様を、
まわりは驚きをもって見ていたようだ。

自分の生き方が見つかったんだね。

43歳という若さで亡くなったケイさん

もっとやりたいこと山ほどあっただろうなあ、

こういう人に力をもらって
もっともっとやりたいこと、どんどん楽しんでやっていこう!と
刺激をうけて行動におこすことが
ケイさんの生きた証になるんだと思う。
本を読みながらそう思った。

まだ、やりたりないの?と
呆れるまわりの目など
ガン無視して(笑)
来年もやりたいことどんどんやっていきますよー
時間がないからね(^^

さあ、
みなさん
今年は振り返らなくていいです。
来年を見つめて
自分をびっくりさせるような何かを
楽しんでできる何かを
いまから考えていきましょー

その先の自分に向けて
ワインで乾杯!
そして、旨いピザをみんなで頬張りましょう!


■レッスン内容
①コルニチョーネがもっちり旨い
ナポリピザ 3種類

・青菜と生ハムとオリーブオイルのピザ
・アンチョビと玉ねぎと黒胡椒のピザ
・モツァレラチーズとリンゴのピザ
②ワインにあう季節の野菜のピクルス
③カリフラワーのスープ
④グラスワイン


コルニチョーネというのは、ピザのはしの部分
ふっくら膨らますのがナポリピザ。
そして、少し焦がすのが旨い!
石窯でなくても家庭用のオーブンで焼くコツを
お教えしますね。

ピザ生地の旨さを味わいピザです。
だから、トッピングはシンプルに。
オリーブオイルと塩だけで食べてほしいくらい。
新鮮な青菜と生ハム、そしてオリーブオイルに胡椒。
もう、これだけで美味しい。
アンチョビも玉ねぎとあわせてピザとして楽しむと
お酒がすすむすすむ!
1種類だけチーズを使います。
モツァレラチーズにりんご!
これが甘酸っぱくて美味しいのよ。

ピクルスをポリポリ食べながら
ワイン飲みながら
ピザを楽しみましょーね。

なにものせていないピザ生地1枚、お持ち帰りあります。
ご自宅でピザ、楽しんでください。

ワインが苦手な方、スペシャルノンアルドリンクを
ご用意いたしますので、お知らせくださいね。(^^


■追加レッスンします!
2022
2月19日
(土)
2月20日
(日)
2月21日
(月)
2月22日
(火)
2月23日
(水祝)




12時から16時ごろまで

レッスン料
6800円

ご予約、お問合せは
RESERVE から






パンの販売始めました

とうとう始めます(笑)
しかし
月1日限定です
体が持ちませんから(笑)

毎月
第3木曜のみ

『おまねき商店』
11時から19時
suuパンの販売いたします。
全粒粉のカンパーニュや
ライ麦ココアカルダモン
自家製ピーナツイングリッシュマフィン
など
粉の味わいを最大限に引き出して
自然酵母で発酵させて
焼き上げる
体に沁みいるパンを作って持っていきます。
ひとりで徹夜しながら作るので
たくさん作れません。
そして、車がないので、箱につめてカートで
電車で運びます。
なにからなにまでひとり(笑)

13時すぎくらいまで、
わたくし自ら販売しております。
徹夜あけでギラギラしてると思いますが、
温かい目で見守ってください(笑)

おまねき商店では、パンと一緒に
旨い珈琲も楽しめます。
2階はギャラリーになっていて、いろんな作家さんの
作品展示がされてて必見です。
歩いて1分のところにある
くうそう雑貨さんにも作家さんの手作り小物も販売されてて
ちょっと立ち寄ってお買い物も楽しめます。

場所は、天王寺駅から近鉄南大阪線に乗り換えてひと駅の
河堀口駅(こぼれぐち)
天王寺からひと液なのに、
ものすごくのんびりした下町情緒が楽しめる街です。
高架下を歩くと美章園駅にたどり着くのですが、
もう、この界隈は昭和ですねー
演歌がながれてきそうですねー
さらに高架下を歩いていくと
私の好きな カフェ kalo さんがあります。
珈琲もホットサンドもケーキも
どれも、ほんとに美味しい。
お店の人はちょっとあいそないですが
大丈夫、
いい人です(笑)

おばあちゃんが整骨院に行った帰りに
立ち寄ってくれる!みたいな
地元の人たちから愛されている
おまねき商店

是非、
そんなあったかい街に
ぶらりとパンを買いに来てください。
珈琲飲んでほっこりしにきてください。

お待ちしておりまーす。

■次回販売日
2022
2月17日
(木)
11時から19時
わたくしは13時すぎくらいまで店頭におります。

毎月第3木曜に販売いたします。
サンモクスー と覚えてくださいね(^^
(2022念1月はお休みいたします


■場所
おまねき商店

天王寺駅から近鉄南大阪線
河堀口駅下車、徒歩1分