本文へスキップ

は○○町の美容院・ヘアーサロンです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.

コンセプトconcept

Lesson


【2020 1月のレッスン】




死ぬほど
旨い
味噌汁


あれこれ言わずに
とりあえず
作ってみよう。

そう言いたい。

自分ちの味噌汁は
自分で仕込んだ味噌で
つくろう。

それが
この世で一番美味しいと感じるはず。

人はそれぞれ
自分の皮膚、手やカラダに
常在菌という菌を持っている。

手で仕込むとおのずとその菌が入り込む
自分のからだが素直に受け入れて
消化へと促す食べ物に
自分の常在菌が働いてくれるのだ。

自分の家の菌
自分の常在菌が醸す味噌が
自分の口にあわないわけがない

さらに、
気持ちも入ってるとなると
旨さが5倍10倍とふくらむ

私が
毎年使っている味噌作りの材料は
「マルカワ味噌」さんのもの。

創業100余年の老舗の味噌醤油蔵

このマルカワさんを選んでいる理由が

①麹菌を蔵付の酵母で酵母作りをしている
②自然栽培の大豆を扱っている
③玄米麹、麦麹ともに無農薬で安心して仕込める

身体にやさしい
なるだけ自然に近い材料で
家庭で味噌作りを楽しんでもらいたいという
思いが、企業の姿勢にあふれているから。

サイト上で
味噌作りのポイントや
あまった麹を塩麹や甘酒にする作り方や
失敗したとき、原因や対策方法まで
丁寧に説明し、指導してくれる姿勢

実直
だなぁといつも思う。


毎年
玄米麹と 有機栽培大豆をセットで買って仕込む。

来年は
●玄米麹と 自然栽培大豆 
●麦麹と 自然栽培の大豆

この2種類で仕込みます

自然栽培の大豆は毎年人気で
すぐに売り切れてしまう

それほど
できあがりの味がまろやかで深みがあり
一度食べるとその違いにリピートしたくなる。

今年
私んちで手前味噌作りをしてくださったみなさま

来年は、
自然栽培大豆で仕込むので
さらに旨い味噌が仕込めますよー


そして、来年は
麦麹の味噌も仕込みます。
これが、玄米麹と違って
少し甘みのある仕上がりに。
味噌汁はもちろんのこと、味噌炒めや
みそタレ作りにも美味しさを発揮してくれる味噌。
いつも仕込む味噌と
また違った美味しさなので
来年は麦味噌
その次は玄米麹味噌ってかんじで
かわるがわる仕込むのもいいですねー

麹の違いで
味わいがこんなに違う!を楽しんでもらいだいです。

そして、
みんなで、楽しく味噌仕込みした後は、
お茶と焼き菓子で、
ゆっくりして帰ってください。

ベーキングパウダーなしでできる
きな粉と米粉でつくるさくさくクッキー

甘さ控えめに
そして
きな粉たっぷり
イソフラボンをたっぷりとれる焼き菓子は
アンチエイジングに効果的。

後ろめたさなく食べてもらえる
おやつです。
甘いもの食べたくなったら
ささっと作れから覚えておくと
いいですよー



【レッスン】
①玄米麹で仕込む自然大豆を使った手前味噌作り
②麦麹で仕込む自然栽培大豆を使った手前味噌作り


【おやつ】
ベーキングパウダーを使わず
グルテンフリーの焼き菓子
「きな粉と米粉のさくさくクッキー」
自家焙煎珈琲付き



【日時】

玄米麹で仕込む日
1月12、13日でも、玄米麹で仕込み可能です。
1月10日(金) キャンセル 1席でました!
1月11日(土) 満席になりました。ありがとうございます。

麦麹で仕込む日
この日でも玄米麹での仕込み可能です! 
1月12日(日) 満席になりました。ありがとうございます。
1月13日(月祝) 満席になりました。ありがとうございます。 

11時~14時ごろまで

レッスン料
5,600円

ご予約は、上のタブの RESERVEから

12月26日にマルカワ味噌さんに発注いたします。
今回は、お手数ですが、
25日までにレッスン料のお振込みをお願いいたします。
振込の詳細はご予約メールの返信にてご案内させていただきます










【リクエストレッスン】


寒い季節

無性に食べたくなる
「バターを使わない
クロワッサン」


寒い冬の季節。
暖かいお茶とかりっと香ばしく焼いたクロワッサン
はー、なんか食べたくなります。
あのさくさく感でいっきにただのいつものお茶が
妙に美味しく感じて
とても満足してしまう。
フランスに行ったときは、どこのカフェのクロワッサンもほんとに美味しくて
必ずカフェオレとクロワッサンを注文し、
どうやってお金払ったらいいのかしらとか
ドキドキしながらも、さくさくのクロワッサンにかぶりついてました。
しかし、自分で作るとなるとあの、バターの量たるや・・
ということでバターに代わるものはないかといろいろ試行錯誤して生まれたのが
このクロワッサンです。
何を代用しているか
来られてからのお楽しみ
室温など関係なく、バターが溶けておろおろすることもなく
簡単にクロワッサンができちゃいます。 
是非、みんなでわいわいつくりましょー

そして、一緒につくるもうひとつのパンが
フランスの定番の食事パン シャンピニオン
これも、パリでは食事のワインとともに出てきて
上のふたの部分を取り外して
パリパリと食べて
本体はちぎってスープに浸して食べます。
一個で二度美味しいパンなのです。
形がきのこみたいなんです。

あわせていただくお料理は
「豆乳クリームの里芋ときのこのグラタン
「ジャガイモと抹茶の緑のスープ
「レモンオイルのリーフサラダ
「野菜グリルの醤油麹添え


乳製品を使っていないのにクリーミーなグラタンは
フライパンでささっと作れるので覚えておくと便利。

ジャガイモと抹茶!この組み合わせ
意外と意外と うふふな味なんですよ。
レモンオイルは塩レモンを使ってさっぱりさせたドレッシングを
作ります。万能なので覚えて帰ってください。
季節の野菜をオーブンでグリルして、
そこに、万能調味料のしょうゆ麹!
これが、野菜の甘味や旨いを引き出してくれるんですよー


■作るパンは
①バターを使わない クロワッサン
②フランスの食事パン シャンピニオン

■リクエストレッスン日限定1日

1月16日(木} 満席になりました。ありがとうございます。

11時から15時30分ごろまで

■レッスン料 
5,600円

ご予約は、上のタブの RESERVE から

















50女の恋
プレッツェル


女も50も半ばを過ぎると
ほぼほぼ女扱いされなくなる。

本人も
半分おっさん入ってるから
なんて
ネタにして笑いをとるようになる。

でも、
女はいつまでたっても
乙女ごころの壺を
こころのひだの裏に隠し持っている。

昨年
西穂高岳に登った。

西穂高山荘のテント場で
テント泊

山の師匠と一緒だった。
16時ごろに到着
テント張って
ちょっとゆっくりしていると
空がピンク色になりだした。

残念ながら、夕日が見れるほど
晴れてなくて、雲とガスとで
濃い霧の中にいるような状態。

それでも
ちょっと夕日のポイントに行きたくなった

「ちょっと夕日見に行かへん?」
「めんどくさい」
「・・・・・」
「じゃー、ひとりで行ってくる」
「おー」

山の師匠は
日の出も
日の入りも
興味ない。

いつも、あっさり断られる。

小高い高台に
何人か、もしかしたら夕日がみれるのではーと
期待して集まっていた。
しかし、ガスは晴れず
なんとなく色づいている
オレンジ色の乳白色の風景にみんな
見飽きて山小屋にもどっていった。

大勢の人が去ったあと
ひとり

そのオレンジ色に染まるガスの風景を見つめている
男子が残った。

私は1メートルほど後ろから
その彼の後ろ姿になぜか、くぎ付けになり
その場を離れられなくなった。

オレンジ色は次第に濃くなってきて
風もでてきた。

彼がゆっくり振り返った。

「あっ・・・」
「きれいだねー」
「きれいですね」
「晴れてくるかな」
「晴れたらいいですねー
僕、去年ここに来た時もこんなかんじだったんですけど
見ているうちに晴れたんで・・・」

って
彼が言い終わらないうちに
急に
風が強くなった
さーっとまわりのガスが風に
吹き飛ばされて
空がのぞきだした。

その空の亀裂から
夕日がシルエットになって表れてきた
そして
また
風が・・・
もやもやしていたまわりのガスが
いっきに晴れた。

眩しいくらいの夕日が
きれいに出てきた。

「うわー」
「うわー」
「奇跡だー」


あまりの美しさに
言葉がなかった・・・・

彼も何も言わず
夕日を見つめ続けている・・・



すると、一旦小屋に戻ってた人たちが
わらわらっと出てきた
人が多くなってきたので
なんだか居づらくなり
「じゃー」
って言ってテント場にもどる


夕日は、沈む瞬間もきれいなんだけど
沈んだあとの空がさらに美しさを増す。

しばらくして
その
夕日の残像を見にまた、高台に行く。



彼がいた。

ひとりで
また、夕日の残像を見ている

今度は声をかけられなかった。
その佇む姿を邪魔してはいけない
ような気がして。

けっこう長い時間
オレンジ色から濃いピンクに
そして紫に変化する空の景色を
見続けた。

忘れられない
その場所
その瞬間

彼がゆっくり振り返った。

「いたんですね」
「うん」
「きれいですね」
「夕日が沈んだあとがさらにきれいだよね」
「そーですよね」

たわいもない会話

ふたりで
しばらく話しながら
夕日の残像を見続けた。

50女はこの時点で
完全に恋に落ちている。

しかし、
名前を聞くとか
FBのフォローしますとか
もう、
そんな生臭い話を持ち出したくないくらい
私の乙女の壺は全開になっていて

「じゃー」

「おやすみ」

って別れた。

彼もテント泊

近くに張っていたが
翌朝、起きたら
もう、
出発したあとだった。

厳しい奥穂高に向かって。




50女の恋は
少しせつなくて
青春時代の
よく言う甘酸っぱい恋の味とは違い
少し塩味濃い目
そしていぶしたようないい香り。

そう、
ラウゲン処理して焼いた
香ばしいプレッツェルみたいな(笑)

松健似の彼(松平健ではない)に恋する
50半ばの女をイメージしながら(笑)
岩塩をきかせた香ばしいプレッツェルを
焼いてみたいと思います。

ラウゲン処理は
重曹液につけて焼くこと。
焼き上がりが独特の燻製したような香りをまとう。

成型も楽しいプレッツェル
みんなでわいわいつくりたいです。


そして、
もうひとつ
生姜をきかせて煮詰めたりんごをたっぷり使った
全粒粉のパン
寒い冬の昼下がり
軽く焼いて、熱い紅茶とともに
食べてもらいたいパンです。


【レッスン】
①ドイツの食事パン プレッツェル
②ジンジャーアップルブレッド


【一緒に食べていただくお料理】
「まるごとカリフラワーのスープ
「お肉を使わないボロネーゼのペンネ
「かぶのホワイトバルサミコソース



【日時】
1月17日(金) 残り 3席です
1月18日(土) 残り 1席です。
1月19日(日) 残り 2席です。
1月20日(月) 残り 2席です

11時~15時30分ごろまで

レッスン料
5,600円

ご予約は、上のタブの RESERVEから











網焼き
厚切りトースト
森の中の
しらびそ小屋


北八ヶ岳
苔むした森の中
しらびその林をすすむと
きれいな池につきあたる
天狗岳が湖面に写る

まるで鏡のような池

そのほとりに
しらびそ小屋がある

もう何年も使い込まれた小屋は
黒光りした木のテーブル
薪ストーブがある食堂
雑魚寝するふとん部屋
と簡素ながら
気持ちよく
居心地のいい空気が流れている小屋。

その小屋をきりもりするのが
年配のご夫婦と
息子さん
この、お母さんが
元気でちゃきちゃき

小屋の名物が
朝食の
薪釜ストーブで焼く厚切りトースト

7センチくらいある分厚いトーストを
薪釜ストーブで焼いてくれる
お母さん手作りのジャムが添えられてて
ストーブで焼くからちょっと焦げるんだけど
その焦げがまた
ざくざくって口にひろがり
中がふわーっともっちり
やっぱり薪で焼くと違うねー

また、山で食べると違うねー

食堂の窓外に
野生リスがやってくる

リスはドングリをもぐもぐ
私はトーストをもぐもぐ

朝から
幸せな気分になる。

この小屋
年中無休
冬、雪深い季節にも開けている。

雪が降り積もったしらびそ小屋がいい。

池のまわりはしらびその森
こけむした岩は冬も緑
そこに雪が降り積もる

静か

空気が凛と澄んでいる
息が白い

ザクザク雪を踏みしめて林を散歩
小屋に帰って
温かい珈琲
こたつでごろごろしながら
読みたかった
植村直己
「青春を山に賭けて」を読む

あたたかい手作りの夕ご飯

夜、外に出ると
満天の星空
冬は星が夏の倍くらい見える
星がシャワーのように
パワーを降り注いでくれる

冷えた体を温める
しょうが湯

そして
ぐっすり眠る

次の日の
朝は、いつもの厚切りトースト

こんな山小屋での過ごし方
いいなあ

そんなことを考えていたら
やたらと
厚切りトーストが食べたくなってきた。

てことで、
食パン作ります。

それも
あの、
しらびそ小屋で食べた
カリッと焦がして
クラムはもっちりとしたトースト

湯だねで仕込み
焼き上げた食パンを
厚切りにして
網焼きします。

網焼きすると
焦げがかりかりっと
香ばしくやきあがるのですよー

みんなで
しらびそ小屋にきているかのような時間
共有して楽しみたいですね。

レッスンは
少し小さ目の型で焼く角食パンと
手のひらサイズの丸い型に入れて焼くプチバンズを作ります。

角食は分厚くスライスしてトーストに。
プチバンズは半分に切っていろいろサンドして
食べるのにちょうどいいサイズ。

乳製品を使わないでつくる大豆バター!を
サンドして食べていただきます。




【レッスン】
①湯だねで仕込む角食パン
②湯だねで仕込むプチバンズ


【一緒に食べていただくお料理】
「温まるピーナツと里芋のポタージュ
「濃厚な乳製品使わず作る大豆バター
「ぽりぽり大根バルサミコ
「柑橘ジャム



【日時】
1月24日(金) 残り 2席です。
1月25日(土) 満席になりました。ありがとうございます。
1月26日(日) 満席になりました。ありがとうございます。

11時~16時ごろまで

レッスン料
5,600円

ご予約は、上のタブの RESERVEから






2019
【12月のレッスン】



みどりさんの
ごはんと
年末年始の
たれソース


この世の中に尊敬する人は
数々いるけど
最近
やっぱりこの人いいなあと
思っている人が
ROCAの
みどりさん

数年前に
大阪の新町でランチが美味しいカフェとして
人気だったROCAの料理人である
みどりさん
一度、ランチを食べにいき、
ファンになった。

気取りがなく
それでいて丁寧
メニューのバランスがいい
身近な食材を使いながら
センス良く手頃な値段でランチを出す

例えば
定食
ワンプレートに5品載ってくる

大根葉の揚げ春巻き
つくねと大根の煮物
蓮根と豆のサラダ
大根皮とひじきの酢の物
水菜のピリ辛漬け

ごはんと味噌汁

すごい奇をてらったものではない
それでいて
5品それぞれが沁みるように美味しい。

大根をつかえば
その皮を別の食材とあわせたり
そういうのも好き

新町のお店は数年前に閉まってしまった。
寂しいなあと思っていたら
なんと昨年から
西田辺でまたお店を再開されたとのこと!

まだ、行けてないんだけど
インスタを拝見すると
なんだか、さらにパワーアップされてるような
美味しそうな写真がバンバンアップされてる。
(ROCA西田辺で検索してみてね)

そんなあこがれの
みどりさんのごはんのような
毎日ごはんをつくりたいなあ
それも、
年末年始
ばたばたするこの季節に
これがあったら助かるわーみたいな
たれソースのレッスンをがっちりやりながら。



■作ろうと思ってる料理は
(多少変わるかもー)
①手作りテンメンジャンソースで白身魚と豆腐のネギソース
②自分で作れる!練りごまで作るごま豆腐
③万能玉ねぎソースで切干大根サラダ
④これがあれば冬をこせるきのこスープのもと
⑤余った野菜を干して作る、やみつきになるぽりぽり福神漬け

それぞれ
作り置きしておくと便利なたれソースを使ってつくります。

今回は、和食ベース
なので、試食のときは
酵素玄米をお出しいたします。
食べたことない方は
是非!食べてみてほしい。

小豆と玄米を
長岡式という炊き方で炊いています。
この炊き方は
穂高養生園と同じ。
養生園で酵素玄米の美味しさを知った方も
是非、食べにきていただきたいですー

もっちりした食感が
ほんとにあとひく美味しさです。



■日時
12月6日(金) 残し 3席です。
12月7日(土) 残り 1席です。
12月8日(日)  残り 3席です。
12月13日(金) 残り 1席です。
12月14日(土) 満席となりました。ありがとうございます。
12月15日(日
) 残り 2席です。
11時~15時30分ごろまで

レッスン料
5,600円

ご予約は、上のタブの RESERVEから









コーヒー狂い

アップル
タルト


コーヒー焙煎を
自分でやりだしてから
どこでコーヒーを飲んでも

やれやれ
やっぱり自分のコーヒーが一番美味しいって
思っている思いあがった自分がいる

自分好みのコーヒーが
わかってきたんだと思う

自分好み

最初の一口は
なんか物足りない
二口目から喉で少し苦味とコクを感じる
三口目くらいで旨みを感じていく
じわじわくるやつが
やっぱり好きだなー

酸味があるの好きじゃないし
最初からがつんと苦味がくるのも好きじゃない

オオヤミノルという
カリスマロースターの
ちょい悪おやじが
言ってた

『苦味と
えぐ味は違う
勘違いしてるやつがおる』

焙煎のしかた
豆の挽き方
ドリップするときのお湯の温度
この3つのタイミングで
旨みと甘みと苦味をどう出すかが決まる

オオヤ大先生は
豆の挽き方は
細挽きはえぐ味がでる
粗めに挽いて
その豆をすっきりした水を感じるような
透明感を出しながら旨みとコクを引き出すのがいい
絞り出すイメージで。

聞いたときは
苦味好きだったから
ピンとこなかった

自分で焙煎して、挽いて、ドリップしだして
そのココロがわかった

身体に抵抗なく沁みる珈琲

(パーシモンの小田さんも
同じこと言ってたな)

最近は
生豆も豆によって味が違うのがわかるようになってきた。

はまっているのが
ブラジルの
「トミオフクダ ブルボン」という生豆
ブラジルの昔ながらのナチュラル珈琲豆に在来種の
ブルボン種をかけ合わせた甘みとコクが強い豆。
少しだけ値段が高いけど
やっぱり安い豆とは違う
奥深い旨みがある。
(高いといってもカルディで豆買うより遥かに安い)


私は
気分によって
豆の挽き方と入れるお湯の温度で
味をかえてる
やさしいのを求めてるときは
お湯の温度を低くして、豆の挽き方は粗目、
がつんとした味を求めてるときはお湯の温度を高めにして挽き方は細め。
意外と簡単に自分の飲みたい
味にしあげられるんですよ。

コーヒーが好きで
一度焙煎がしてみたくて
もうちょっと珈琲の淹れ方
うまくなりたいな
っていう人!

コーヒーを飲み比べて
実験して
試して
いろいろ楽しみましょー


そして、今がいい季節
生リンゴのクランブルタルト
作ります。


甘さ控えめ
生リンゴがしゃきしゃきしたヘルシーなタルト。
ワンホールぺろっと食べちゃいそうになるやつです(笑)



今回作るのは
■「トミオフクダ ブルボン」の生豆を焙煎
(一人2杯分お持ち帰りいただきます)
■豆の挽き方と淹れ方で飲み比べ
(5種類くらいを飲み比べて楽しみます)

■アップルクランブルタルトを作ります。
(お持ち帰りもあります)


12月9日(月) 残り1席です。
12月16日(月) 残り3席です。

11時~15時30分ごろまで

レッスン料
4300円

ご予約は、上のタブの RESERVEから















山と
黒ビールのグラハムブレッド



9月
ヨセミテの
ハウスキーピングキャンプの
コインランドリーで
虎之助という
20歳の男子に会った。

アメリカのコインランドリー
初めて使うわれわれ初老の夫婦。
もちろん使い方はわからず
きょろきょろ

そこに颯爽とやってきたのが
虎之助だった

あえて
呼び捨て(笑)

信州大学山岳部に通う
20歳の若きクライマー
ロッククライミングを初めて
まだ2年というのに
ヨセミテのクライマーが聖地とあがめる
エルキャピタンに挑戦しにやってきたのだそう。

20歳かあ

50なかばと
60なかばの私たちからしたら
やたら眩しい。

日本の厳しい岩場を経験し
山岳部の厳しい特訓にも耐え
ヨセミテにはなんと
40キロの荷物を背負ってやってきたのだという。

コインランドリーが
がたんがたん動いている間、
虎之助と話をした。

山をやり始めたきっかけはーかっこいい写真を見たからーとか
氷の壁面を登っていくのが結構好きーとかー
40キロは全然平気ーとか
話をしていて
山の男くささとか
しんどくて厳しいかんじとか
あんまり感じなくて、常に爽やかな軽やかな風を感じる会話。
若いからなのか
いまどきはこんなかんじなのか

とにかく
私たち初老夫婦は
20歳という年齢に嫉妬し、
楽しい会話が終わり虎之助と別れた後
なんとなくふたりともちょっと無口になった。

まだまだこれから
どこへでも行ける
なににでもなれる
どんな人生でも選べる

なんか無限大の可能性を持つ20歳の若者

身体が動く健康年齢を気にして
1秒でも早く
行きたいところに行き
やりたいことはやっておこうと
焦っている私たち。

虎之助と
別れるときインスタのアドレスを交換した。

フォローして
今まで虎之助が揚げているインスタを見てたら
突然こんな言葉が
山の写真に添えられてた。


「一番大切なのは
目の前の一歩
その次に大切なことは
その次の一歩
遥か先の夢とか理想ばっかりに
気をとられてるから
途方もない距離に絶望して動かない。
言い訳ばかりする
どこにも行けない。

夢なんかもたない方がいい
3年目に山で知ったこと。」


なんだこいつ

ただものじゃない若者に
生き方の基本を教えられた。

山とパン

私はこのふたつに
今まで何度
教えられ
救われたか。

そんなリスペクトをかねて
今年最後のレッスンは
おもいきり好きなパンを焼いて、
ワインで乾杯したいですー

そんな私につきあってくださいー(笑)


ということで
作るパンは
■黒ビールで仕込むホロ苦いコクがたまらないグラハムブレッド
■黒コショーとガーリックの薄焼き


一緒に食べるお料理は
『お肉を使わないビーフシチュー
『鳴門金時と栗カボチャとナッツのバルサミコソース
『豆腐チーズスプレッド
『かりかりジャコナッツ


ビーフシチューは動物性の材料をいっさい使わずに
コクのあるシチューができるんですよー
それがまた赤ワインにあうのなんのって。
さつまいもとかぼちゃとバルサミコも相性抜群なんです。
ちょっと大人のオシャレなサラダってかんじ。
チーズスプレッドはなんにでもディップとしてつけて食べるのに
覚えておくと便利な1品。
かりかりじゃこナッツはやみつきでとまらないですよー

そして、
赤ワインを1杯
みんなで乾杯しましょー

飲めない方はスペシャルドリンクをご用意しますので
ご予約のときにお伝えくださいね。

では、今年最後のレッスン
1年間、よく頑張った自分にご褒美!!ってことで
ワインで乾杯して
みんなで盛り上がりましょー



■日時
12月20日(金)残り3席です。
12月21日(土) 残り席です。
12月22日(日)
満席です。ありがとうございます。
12月23日(月)
 満席です。ありがとうございます。

11時~15時30分ごろまで

レッスン料
5600円

ご予約は、上のタブの RESERVEから









【11月のレッスン】








朝の山
熱々のスープカレーに
ベーグル


山の朝は早い。
だいたい4時30分には起きる。
歯を磨いて顔を洗って
シェラフを袋にねじこみ、
お湯を沸かす。

まずは、暖かい珈琲。

着替えて
荷物を整理していると
朝日が昇ってくる。

そこで
ささっと朝ご飯

朝は寒いから
温かい汁物が食べたくなる。
うどんやラーメンをささっと食べたり、
お味噌汁飲んだり

ジョンミューアトレイルを歩いてるとき
ハマったのが
ベーグルにスープカレー

カレーは前日の残りをお湯で薄める。
これで十分美味しい

軽くバーナーで炙ったベーグルをちぎって
ちょっと浸しながら食べる。

アメリカは
普通のスーパーで5個入りで売ってるようなベーグルでも
すごく美味しい

もっちりしてて適度な噛みごたえ
スープカレーは
普通のパンではなく
ベーグルがあう!と
今回の山で気が付いた。

カレーを吸い込みすぎない
ベーグルとしての存在感を維持しながら
口の中でカレーと共鳴する
(大げさや)

この朝ベーグルカレーに
ちょっとハマった

山歩きにベーグルを持ち歩くのは
ちょっとリスキーだったけど
(普通のパンの2倍の重さ)


ベーグルカレーを
レッスンでやってみたいと思った。
この絶妙なとりあわせ
ナンやチャパティーでもいいけど
ベーグル!がいいっていう
私のいちおしをみんなで楽しみたいなあ

ベーグルはプレーンベーグルがいい
シンプルなやつが一番
そして、少し噛みごたえのあるもっちりしたやつに焼き上げます。

ふわふわベーグルはイヤー
噛みごたえあるやつが好きーって方

是非
一緒に楽しみましょ


そして
カレーは
簡単に本格的な味になる
(10分くらいでつくれるカレーがいいよねー)
ベジカレーをスープ仕立てにします
ご飯にかけてもいけるやつです。

そして、山の朝
ぽりぽりっと食べれる野菜のクイックピクルス
非常食にもなる、サラダやスープにぱらっと振りかけるだけで
味が深くなるナッツのデュカ

山の朝をイメージした
ベーグルのレッスンです。


■作るパン
①噛みごたえあるもっちりプレーンベーグル
②香ばしく焼き上げるチーズベーグル
③プチプチが美味しいけしの実ベーグル


■一緒に食べる
野菜たっぷりのスープカレー
すぐにつくれるクイックピクルス
グリーンサラダ ナッツのデュカ添え


■日時
11月29日
(金) 満席になりました。ありがとうございます。
11月30日(土) 満席になりました。ありがとうございます。
12月1日
(日) キャンセル 1席でました。
12月2日(月)  残り 2席です。

11時~15時30分ごろまで

レッスン料
5,400円

ご予約は、上のタブの RESERVEから