本文へスキップ

は○○町の美容院・ヘアーサロンです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.

コンセプトconcept

Lesson



3月のレッスン







安曇野
そして、今



安曇野から帰ってきて
毎日の生活のリズムが作りにくくて、
ちょっと苦労しました。
安曇野では、毎朝5時30分に起きて、
ヨガと呼吸法を一時間かけて行ってから
顔を洗って、みんながわいわいしてるキッチンで
スムージーをさくっと作って飲んで
7時40分の朝礼に間に合うように身支度する、という毎日。
だから、毎晩11時までには寝ていたし、
もちろんテレビなんかないから部屋ではココロ静かに過ごせた。
今は、テレビと旦那と自分の折り合いをどうつけるか(笑)みたいなことになってる。

仕事に追われていた時は、この折り合いを素直にできなくて
なんで私ばっかりーみたいな気持ちがふつふつしてた。
なんでだろう、今は素直に相手が嫌がることはしないでおこうと思える。
少し、やさしくなったような気がする。
相変わらずテレビはついてるけど、
夫婦の会話が多くなった。
笑ってる時間が増えた。

やっと、自分の暮しに、安曇野での生活が生きてるなあと実感してきた。
そんな私がつくる3月のパンです。

①ほろにがいジャガイモとココアのマーブル」
②米粉で作るじゃがいもと菜の花のベジキッシュ」

見た目に、甘いチョコレートとマーブルパンなんでは?と
思われそうなパンですが、
まったく甘くありません(笑)
ココアを使ってるんですが、ホロ苦さを入れたくて使ってるかんじ。
ジャガイモは、練りこむことで生地がもっちりします。
このジャガイモ味とココアが妙にあう。
しっとり感がくせになります。
甘くしたい方はココアにメープルシロップをまぜて、
ナッツなんかを入れるとそれはそれで美味しいおやつパンに。
このパンの成型、楽しいですよ。
是非、みんなでわいわい楽しんでつくりたいですねー

キッシュは、米粉を使ってつくります。
卵たっぷりで小麦も使ってっていうイメージがあると思いますが
卵も小麦もいっさい使わないベジキッシュを作ります。
だから、食べたあともなんか胃腸がすっきりしてて、
重たくない。
カラダがよろこんでるかんじ。
春の野菜をたっぷり使ってつくるので、これだけでもりっぱなメインディッシュ。
作り方を覚えておけば、中身の材料を変えて年中楽しめます。

一緒に食べていただくお料理
「春のミネストローネ
「セロリとにんじんのレムラード
「新玉ねぎのドレッシングあえ
春の初めに出てくる野菜を使って、
シンプルに調理し、野菜のエネルギーをカラダにいれたいなあ。
そんなお料理をお出しします。


レッスン日 
3月21日(木)貸し切り教室  ありがとうございます。

レッスン料 
5400円
ご予約は、上のタブの RESERVE から









ポルトガルと
オーストリア

旅が好き。
特に、一人旅が好きだ。
旅の計画をたてるところから
一人旅だと、いろんな妄想が頭の中をかけめぐる、

一人旅が好きな理由
人に気を使わなくて気がラク
なんていう理由ではない。
ものすごく渇望する状態に追いこまれる、
必ず追い込まれ、そして必ず救われる。
そんなことの繰り返しが、一人旅にはある。


例えば、レストランに入ってごはんを食べる。
となりのテーブルには楽しそうな恋人たちが
美味しそうにごはんを食べている。

私はひとり
当然、まず、少し寂しくなる。

レストランのメニューはよくわからず
オーダーしたものが
ひとりでは食べきれない量だったりして
ひたすら、お腹いっぱいになりながら食べ続ける。

隣の恋人たちは、安くておいしげなものをシェアして
リーズナブルに食事を楽しんでる。

そんな状況にどんどん寂しさが増して
なんだか落ち着かなくなり、そうそうに店を出る。

安宿にもどってもすることがないので
夜の街を徘徊する。

ひとりで
バーに行く勇気はまだない。

ここまでくると
本気で寂しくなってくる。

そういえば安宿の近くにひなびたカフェがあったっけ
ちょっとお茶して帰ろう。

じいさんがひとりでやってるカフェに入る。

店の中ががらんとしていて
もう、店じまいかなと思うくらい人がいない。
ドアをおそるおそる開ける私に
奥から、手招きするじいさん。

入っていいんだ。

カフェオレをオーダーすると
だまってゆっくり丁寧に淹れてくれる。
珈琲のいい香りがする

たっぷりのカフェオレ
横に小さなチョコが添えられてる。

おまけだよ。

早口のフランス語でぼそっと言いながら
軽くウインク。

じゅわーっ
からからの寂しかった私のこころが
スポンジのように
じいさんのその一言を吸い込んでいく。

どれだけ沁みるか。

おそらく、誰にでもあげているチョコのおまけ。
しかし、寂しさでからっからだった私のこころには
その何気ない一言が、やたら沁みる。

そんな、Mっけたっぷりの
渇望状態が
一人旅では味わえる。

ポルトガルも
オーストリアも行ったことがない。

いつか旅して食べてみたいと思い焦がれているパンを
今回作ります。

①ポルトガルの食事パン コーンミールパン
②オーストリアの定番 ヘルンドル


ポルトガルでは、コーンミールのパンに
キャベツのスープがよく添えられるのだそう。
ほんのりとうもろこしの甘味が口に広がる
コーンミールパン。

海が見えるホテルで、
朝食にコーンミールのパンとキャベツのスープや
サラダがでてきたら
うれしいなあ。

ヘルンドル(角を意味する)もオーストリアの食事パン。
クラストがぱりっとしてて、少し固めのパンは
岩塩をかけてあって、朝食の卵料理にあわせても
夕方、ビールのつまみにしてもいいパン。

海外のホテルで朝食をとっているかのような
試食タイムにしたいなあーってことで
パンとともに食べていただくお料理は
こんなかんじ。

「春キャベツのスープ
「豆と新じゃがのカマンベールソース
「春野菜のグリルローフ自家製ケチャップソース添え
「ほうれん草のニンジンドレッシングあえ

ホテルで朝食食べてる気分で
わいわいみんなで
パンとともに楽しみたいですねー

今回のこのコーンミールパン、
厚手の鍋でもいいかんじに焼けます。
鍋で焼きたい!ってご希望の方、
ご予約時にその旨をお知らせください。
1レッスンにつき、2名まで、鍋焼き可能です。


日時
3月16日(土)13時から17時ごろまで 残り3席です。
3月17日
(日)13時から17時ごろまで キャンセル1席でました。
3月18日
(月)13時から17時ごろまで
4月1日
(月)貸し切り教室 満席です。ありがとうございます。
レッスン料
5400円

ご予約は、上のタブの RESERVE から








ベーグル三昧の日


少し暖かくなってくると
サンドウィッチを持って
珈琲をポットに淹れて
ぽかぽかした公園で
久しぶりにブランコに乗ったりしながら
サンドウィッチをかぶりつきたくなる。

はまってるのが
カマンベールチーズに
メープルシロップ
カシューナッツ
それをハード系のパンにがちっとはさんで
カマンベールチーズを少し潰しながら
メープルシロップがちょっと垂れてくるのを見つめつつ
慌てて食べる食べ方。

それが、私の好きな深入り珈琲にとてもあうのだ
(やってみてー)

動物性のものはあまり採らないんだけど
チーズだけは目がない。

今回焼くベーグルも
当然、チーズをたっぷり使うつもりだった。

しかし、
ちょっと気が変わった。

チーズを使う作り方なんで、いつでもできる。
どこでもやってる。
私がしなくても。

チーズなど、乳製品をまったく使わないのに
なぬー
この濃厚なチーズ味!

あの、NYで食べたエッサベーグルの
びびるぐらいでかいクリームチーズとサーモンの
ベーグルサンドのような
満足感が得られるベーグル。

そんなベーグルを作れたら、
なんだか、安心してお腹いっぱい食べれるなあと。

そして、
きっとそんなベーグルは
食べた後も身体が軽い。
内臓にもやさしい。
つまり
カラダが疲れない。


ということで、
今回は、
ちょっと外に持って出たくなるような
ベーグルを焼きまくります。
そして、
乳製品をいっさい使わずに
ベーグルサンドを作ります。

うふふ

作るパンは
ベーグル5種類
*けしの実とエベレストの山の塩ベーグル
*ほうれん草と白玉チーズのベーグル
*メープルシロップとウォールナッツのベーグル
*プレーンベーグル2種



ベーグル独特のもちっとした食感
ほどよく噛みごたえがあって
じわじわ旨いやつ作ります。

そして、
一緒に食べていただくお料理は
「スパイシーかりかりオニオンリング
「豆腐クリームチーズ
「ベーグルサンド特性ソース
「やみつきポテトフライ
「春野菜のピクルス
「ぴりりと爽やかな刺激の余韻がいいチリスープ



プレーンのベーグルに豆腐クリームチーズをたっぷりのっけて
その上に香辛料をきかせたかりかりオニオンリングをのっけて
レタスを一枚
特性ソースをたらり
そして、
がぶりっ

あー、思い出しただけで
また、食べたくなってくる。
そんな、あと挽く旨さが口に広がるベーグルサンドを作ります。

みんなで、かぶりつきましょー



日時
3月23日(土) 残り 1席です。
3月24日(日)残り 2席です。

11時~15時30分ごろまで

レッスン料
5400円


ご予約は、上のタブの RESERVE から





たれと
ソースと
旨い酒

最近
パンを作りたい
もっとパン作り旨くなりたいっていう人より、
私の料理が好き
作り方教えてーっていう声が
やたら増えてきた

ありがたいなあ

私、
ただの食いしん坊で、単に料理好きなだけなのに。

だから、みんなに
教えてーって言われると
どんどん教えちゃう。

今、パンの試食とともに食べていただいているお料理は
全てレシピ化して
毎回みなさんにお渡ししている。

それは、ちょっとした使命感。

きっとみんな、パン作りは、よっぽど好きじゃないと
日常、作ろうとは思わないだろう。
しかし、ごはんのおかずとなれば
何かしら作らないといけないだろうから
きっと、活躍頻度は高いはず。

そして、みんな、手軽に
手作りしたがっている。
心の底では・・・
できあいのお惣菜や
レンジでチンしたものをそのまま食卓に出したくはないのだ(たぶんね)

なるだけ、手軽に作れて
安心して食べられる
毎日の食卓で大活躍するやつ。

そう
これがあれば!っていうやつ。

そんな
大活躍間違いなしの
たれと
ソースの作り方をお教えいたします。
そして、
そのたれ、ソースを使ったお料理も作って
みんなでわいわい食べる
レッスンです。

なので、今回はパンを焼きません。
天然酵母パン教室だけど(笑)

そして、わいわいお料理を作りながら
昼間っから
ワイン、いっちゃいます。

ホロ酔いながら
料理作るのって
なんだか幸せですよねー

料理好き
ワイン好き

どうぞ、いらしてくださいませー


レッスン内容は
たれ
ソース
5種類

お料理
5種類


そして
冷えたナチュール白ワイン

さて、なにが出てくるか
それは当日のお楽しみ。

そのときの旬のお野菜をたっぷり使います。

そして、そのお料理の味に絶妙にあう白ワインをご用意いたしますね。

今回は初級編
ほんとに身近な材料で手軽に作れるたれとソースです。
中級
上級は
どんな内容になるか~
お酒もいろいろ変えていきますよー
えへへ



日時
たれ、ソース、旨いワイン
初級編
3月30日(土)残り 1 席です。
3月31日(日)満席です。ありがとうございます。

13時~17時ごろまで

レッスン料
5600円


そういえば、この時期
南千里から私の家までの坂道が
とってもきれいな桜並木になります。
お花見気分でいらしてください。

ご予約は、上のタブの RESERVE から






4月のレッスン






米粉の菓子
蕎麦粉の菓子

一度はまると
まあまあ追求してしまうタイプ。

それは、子供のころから。

中学生のとき
漫画家になりたくて
少女漫画ばかり描いて
りぼんに投稿したりしてた。
(全然だめだったけど)

本を読むのが好きで
学校の図書室の本を
片端から読みあさった。
(夏休み中に100冊読むとか)

そのうち、小説とか書きだして
友達とペンネーム作って
名刺を印刷したりしてた。
(誰にわたすねん)

よく考えると
かなりのインドア派。
そして、なんだかおたくっぽい(笑)

そんなおたくな私がパンをやりだすと・・・
無水鍋でパンを焼くのにはまると
無水鍋をいろいろ試したくなって
3つも購入。
毎日、焼き比べまくったり
ってことになる。
(鍋の置き場所に困る)

そして、
今、はまっているのが
米粉
蕎麦粉

珈琲焙煎


いろいろ焼いてみて
めっちゃおいしいやんと
ココロから思うやつをふたつ
今回、レッスンしたいなあと、

①蕎麦粉のブラックペッパーのクラッカー
②米粉とグラノーラのざくざくスコーン


蕎麦粉アレルギーの方
すみません。
どうしても、このクラッカーだけ
レッスンさせてください。

ほんとに、ここまで簡単に作れて
ここまで美味しいとは!っていう、
驚きのクラッカー。
コツは
極力薄く焼く。
ぱりっぱりにするのが旨い。

そして、米粉のスコーン。
これはグラノーラを混ぜ込んで
ざっくざくに焼き上げます。

どちらも
やみつきになって
ちょっと食べ過ぎちゃうんだけど
胃がさくさくっと消化してくれるので
たくさん食べても、身体が軽い。

特に、蕎麦粉は
小麦粉の4倍のミネラルを含有しているので
健康面でもおすすめ。

今回は
このスコーンとクラッカーとともに、
添えて食べると美味しい
あんこを作ります。
「定番の小豆の 小倉あんこ
「小倉餡にラム酒をまぜた ラムあんこ
「香ばしいくるみをまぜた くるみあんこ


あんこ好きな方!
ラムあんこ
最高にうまいですよー


そして、
焼きたてのスコーンとクラッカーを
冷ましている間に
私が今はまっている
珈琲豆の「自家焙煎」
みんなで
わいわい言いながらしたいなあーと
思っています。

焙煎時間は20分

黄緑色の生豆が
どんどん色づいて、
香りも干し草の香りから
甘い完熟した果物の香りとなり、
香ばしい炒り豆の香りと変化していくその過程が
もう、楽しくて楽しくて(私だけかもしれない)
20分があっという間です。

みんなでかわるがわる焙煎し、
焙煎したての珈琲豆を
お持ち帰りいただきます。

4日目が一番美味しい!
焙煎したてを挽いて
飲みたいのをぐっと我慢し、
4日目、自分で焙煎した珈琲豆で淹れる珈琲は
どれだけ美味しいか。

飲んでみてほしい。

ご都合が許す方は
4月8日(月)の
旨い珈琲の淹れ方レッスンにもご参加ください。
豆の挽き方、ドリップのコツまで
基本的なことを
じっくり学べます。


4月5日(金)残り3席です。
4月6日
(土)
4月7日
(日)残り1席です。

13時~16時30分

レッスン料
5300円

ご予約は、上のタブの RESERVE から











仄かな甘みを
引き出す
旨い珈琲の淹れかた


自家焙煎に
夢中なのだけど、
いまいち
珈琲の淹れ方がしっくりこない。

豆の挽き方と
淹れ方で
珈琲はまったく違う味わいになる。

自分の好みは
こんなかんじっていうのはわかってるけど
そのイメージ通りに淹れられる確率が低い。

そんな
もやもやした状態でいるときに
小田さんの珈琲を飲んだ。


兵庫県の三田にある古道具屋「アトリエ・パーシモン」を
週末だけ、オープンしている小田さん。

古びたリヤカーの上で
珈琲を淹れてくれた。

「僕の珈琲は
甘いんだよね」

何もいれず、ブラックで飲んで
甘い珈琲ってどんな珈琲やねん と
以前から思ってて

言っとくけど私、珈琲にはうるさいからねと
心の中で思いながら
珈琲をいただいた(笑)

ふわっと香る珈琲の香りからは
甘さは感じない

一口飲む
すーっと落ちていく感じで飲みやすい
あれ、別に甘くないじゃん
二口目
珈琲が落ちていく途中から
あれ、仄かな甘み?
三口目
飲んだあとに、ふわーっと口の中に
甘さが残って広がる。


ほんまもんのいい女に出会ったみたいなかんじ。

じわじわくる。


なんで、甘みが出てくるのか、
淹れ方?
豆の状態?
焙煎?

そのときは
珈琲を味わうだけで
そこまで根掘り葉掘り聞けなかった。

詳しく聞きたい!
ってことで
珈琲の淹れ方レッスンをしてもらうことになりました。

自分好みの珈琲を
自分で淹れられるように
わかりやすく
教えてくださいます。

そして、
豆の違い
ブレンドの違い
豆の挽き方の粗さの違い
さらに
豆に注ぐお湯の温度の違いで
ここまで味が変わるっていうのが実感できる
珈琲の味比べも。

基本的なことがわかってれば
豆を買う時に迷わないですよね。
あと、
自分好みの豆の挽き方をお店の人にお願いできたり、
豆の違いがわかってきたら
次はあれを試そうって
どんどん楽しみ方が広がっていきますよね。

毎日飲むものだから
もっと楽しみましょー。


珈琲の淹れ方レッスンの合間に、
米粉とココアで作る
生チョコケーキ作り
もします。

珈琲と
ビターな生チョコケーキ
これ以上にない組み合わせ。

昼下がり
みんなで
珈琲三昧しましょう。

レッスン内容

「仄かな甘みを引き出す
旨い珈琲の淹れ方レッスン」


米粉で作る生チョコケーキレッスン付

4月8日(月) 満席となりました。ありがとうございます


13時~16時

レッスン料
3800円










屋久島の
お土産


学生のころ
とにかく本を読みあさっていたころ
銀色夏生のエッセイを読んだ。
屋久島という南の島に
長期滞在し、島の自然の風景や
島の村の子供たちやおばあちゃんたちが
都会にはないゆったりとした時間の流れの中で
暮らしている風景写真と
感じたことばで綴られているエッセイ。
屋久島は大きな杉がある島 という認識しかなかった私は、
その村の風景写真にとても惹かれたことを思い出した。
その写真は
野生の白ユリが
村のあちこちに咲いていて
静かに風にふかれている風景。

南の島に
白ユリ

そして、
いい年を重ねたおばあちゃん
そのおばあちゃんが見守る孫の子供たちが
車がほとんど来ない道路で
遊んでいる。


屋久杉を見に行くというより
静かな村や
山や
海や
村を感じにいきたいなあ


4月10日から16日まで
屋久島に行ってきます。

目的は
宮之浦岳という
まあまあ高い山を縦走すること。

1ヶ月に35日間雨が降るといわれる島。

山小屋とはいえ、無人の避難小屋しかない山に
寝袋と食料持参で縦走。

嫌でも、静かな山の風景の中で
過ごすことになる。

いろんなハプニングの妄想が湧いてきてワクワクする
(だいぶMっけがある)

予備日も入れての7日間、
屋久島の島のごはんもたっぷり楽しめる。
三岳の芋焼酎も美味しいし、
くび折れさばが旨いらしい。


屋久島のパワーをいっぱい吸収して
大阪に帰ってきてのレッスンです。

暑さと
湿気の気候の中で、
培わわれた
身体にいい
島のごはん。
食卓に乗ってる、かけるだけで
5秒でできる和え物のタレとか、
酢を使わず、たんかんで作る酢の物とか。
ささっと作れる
おばあちゃんの味を
5品つくります。

そして、
ちびちびっとやる
屋久島の旨い酒。

屋久島の土産話とともに
酒ちびちびやりながら
旨い島ごはんを食べに来てください。
そして、
島ごはんの作り方を覚えて帰ってもらって、
これからの暑い季節に
ささっと作れる得意ニューに加えてください。

来ていただいた方
全員に、屋久島のお土産付きですよー
うふふ


お酒が飲めない方は
スペシャルドリンクをご用意いたします。
飲めない方も参加くださーい。


レッスン内容

「ささっと作れる
島ごはん 5品と
屋久島の旨い酒」


屋久島のお土産付き

4月20日(土) 
4月21日(日)

13時~16時

レッスン料
5300円

ご予約は、上のタブの RESERVE から










たれと
ソースと
旨い酒に
溺れる 8日間

やばい。
酒のレッスンが続くなあ(笑)

だって、
10連休ですよ。
10連休。
何します?

どこに行っても人だらけ。
車は渋滞。
食べるとこも並ぶし・・・
疲れるわ、余計なお金使うわ、
いいことなしですよ。(決めつけなくてもいいよね。いいこともある)

ちなみに、私は、養生園から大阪に戻ってきて、
あまり、街にでなくなった。
人混みにやたら疲れるようになって、
たまに梅田に出たりすると
息苦しくて、必ず帰宅ラッシュ前に家に戻るようにしている。

だから、当然
この10連休は、外に出ない。
でも、出なくて予定が全然ないのもちょっと寂しい。

ひとまず、
きっと
ひとりで家飲みするだろうから
だったら、家飲みレッスンするか!

なんなら、10連休全部レッスンするか!
ってことになりまして・・・

ひとまず
8日間
昼間っから
ホロ酔いで楽しむ料理教室いたします。


内容は

フランスの
たれ
ソース
お惣菜

冷えたナチュール白ワイン


屋久島の島ごはんレッスンのあとの
フランスのお惣菜レッスンて・・・・

もう、どうなってるんや
この教室は!と
思われてもいいです(笑)


フランスのお惣菜は
以前から興味があって
長野県松本にある
大好きな
フランス惣菜店
「ル二」

月に2回は、お惣菜とフランスパンを買いに行ってた。
そこのお惣菜が、とにかくどれも美味しくて
はずれがない。
キッシュやタルトなどの焼き菓子も
絶品。

テイクアウトだけのお店。
フランスの惣菜に特化しているから
毎回、見たことない惣菜が並んでいる。
松本の商店街のはずれで
テイクアウトだけで
フランスの惣菜に特化するという
挑戦が、すばらしい。
さらに味がどれも美味しいのがさらにすばらしい。
そして、お店の男の人が
無口なのもいい。

だから、毎回、この惣菜、どうやって作ってるのかなと思いながら
無口すぎて、聞きだせなかった(笑)

あの、「ル二」の
感動の味を自分で作ってみたいと思う。

それも、極力
動物性のものを使わずに。

8日間
メニューは
フランスの地方色を取り入れて
3つのメニューで。
最初2日間は「パリの惣菜」
続いて3日間は「バスク地方の惣菜」
続いて3日間は「南仏地方の惣菜」
フランスも地方によって特徴があって
味わいが違う。

手軽に作れて
フランス気分が楽しめる
たれと
ソースを作って
それを使ったお料理をお出しいたします。



お料理とともに楽しむ、
カンパーニュも、毎回焼きますよー。
無水鍋で焼くので
鍋で焼くのに興味ある方も、是非参加してください。

お酒が飲めない方は
スペシャルドリンクをご用意いたします。
飲めない方も参加くださーい。



レッスン内容

「たれと
ソースと
フランス惣菜 5品」

冷えたナチュール白ワイン

飲めない方には、スペシャルドリンクをご用意いたします。


「パリの惣菜」
4月27日(土) 
4月28日(日)

「バスク地方の惣菜」
4月29日(月・祝)
4月30日(火・祝)
5月1日(水・祝))
 
「南仏地方の惣菜」
5月2日(木・祝)
5月3日(金・祝)
5月4日(土) 


11時~15時30分ごろ

レッスン料
5500円

2回来ていただける方は、1000円引き
3回来ていただける方は、2000円引き
8回来ていただける方は、7000円引き(笑)と
させていただきますので、
是非、いろんな地方の惣菜を楽しみに来てください。

8日間という長丁場。

参加くださる方が
今日はお1人!
みたいな日もありそうで
ちょっとわくわくする。
そんなときは、さしで飲みましょう。
人生について
山について
食べることについて
アンチエイジングについて(笑)・・・
日頃、レッスンしてるときは
バタバタしてお話できない方と
じっくり語り合えるいい時間がもてたらなあと思ってます。



ご予約は、上のタブの RESERVE から